増額するには…
新規の申し込みのあと、また追加でお金が必要になった場合、電話や来店で融資枠内で増額することができる。
もちろんその融資枠がいっぱいになった時点で増額できない事もある。
そのときはその学生ローンの会社に電話して融資枠を確認しておくのもいい。
来店なら、その場でお金を貸してもらえるのが、1番楽な気がする。
遠方の人は新規と同様で電話で申し込むことができ、その際は銀行などの金融機関を使って、振込みしてもらえる。
来店しなくていい代わりに、銀行などの送金料は負担はしてくれない。
融資金額ちょうど必要なときは、その事も頭に入れておうたほうがいい。
あとは、会社によっては、ATMを導入している会社も少なくない。
1番のメリットは、会社の営業時間外に借りれる事。
夜急に出かけることになったり、翌朝必要になったりと、案外時間外に必要になることだった多いはず。


もちろん増額するには、融資枠は絶対である。
いっぱいの時は会社に連絡して、枠を広げてもらうように、お願いしてみるのもあり。
場合によっては、広げてもらうこともできる。

新規の時とは違って、今までもお支払い状況なども見ているのだろう。
遅れがちで、断られることもあるくらいなので、その反対もあっても不思議ではない。


学生ローンも慈善事業ではないので、優良な顧客には優しいはず。
それは勝手な見解だが、自分が学生ローンの会社をやるなら、きっとそうするだろう。

融資枠は、時に変動してくる。
会社側もある一定の時期がきたら、枠の見直しか何かをしているくさい。
今まで、ずっと同じだったのに、たまに広がっていたりする。
他店などでの利用額が増えると、減らされることもある。
最初に決めてもらう融資枠が永遠ではない。
ただ、必要なときに急に枠がなくなっていると、ひたすら悲しい。
予定もなにもかも、無駄になってしまう。

日ごろからの取引を優先して見ているなら、いざと言う時のために、優良顧客になることをすすめる。

学生ローンの謎-TOP